最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

初めての人に読んでほしいふるさと納税の一連の手続きとふるさとチョイスの使い方

ふるさと納税のやり方

税金の控除が受けられるだけではなく、地元の特産品がもらえるふるさと納税ですが、これまで一度も経験がない人にとっては「何だか手続きが面倒くさそうだから止めておこう」という感じでなかなか挑戦できないかもしれません。しかし、ふるさとチョイスを始めとする便利なポータルサイトが整備され、確定申告が不要となるワンストップ特例制度が始まったこともあり、やり方さえ分かってしまえば驚くほど簡単にできます。今回は、ふるさと納税の一連の流れを詳しく説明しています。始めに何をやれば良いか、どんな点に注意するべきかなど、個人的に重要に感じるポイントを多く盛り込んでいますので、参考にしてみてください。

1. ふるさと納税の限度額を計算

まず最初にすることは、ふるさと納税の限度額を計算することです。極端な話を言ってしまえば、所得税や住民税を納めるほど年収が少ない人は控除できる税金がないので、ただの寄付という意味以上にメリットはありません。ふるさとチョイスでは返礼品をもらえる寄付金額の最低値は2千円ですが、5千円以上にならないと返礼品の種類が大きく増えないので、限度額が5千円に満たない人も同様にふるさと納税をするメリットは少ないです。そのため、自分の限度額がどれくらいあるのか計算することが最優先になります。目安としては、夫婦で子供がいる場合には年収300万円、独身の場合は年収150万円くらいからがふるさと納税の対象者になります。なお、限度額の詳細については「ふるさと納税で限度額を計算する方法と上限を超えて寄付するメリット」をお読みください。

2. ポータルサイトを選択

ふるさと納税をする場合はいきなり自治体のホームページを見るのではなく、基本的にポータルサイトを使います。ポータルサイトにはいくつか種類があり、その中でも一番大きいサイトは「ふるさとチョイス」です。一応全国にある自治体の全てを網羅して掲載していますが、ふるさとチョイスからは申し込めなくて自治体のホームページから直接寄付するケースもあります。返礼品の選択肢が非常に多く、それだけ自分が欲しい品物が見つかる可能性が上がります。どのポータルサイトを使うか迷った場合には、ふるさとチョイスが良いでしょう。

次に知名度が高いのが「さとふる」です。インターネット広告への出稿に力を入れているサイトで、最近は利用者の数を伸ばしているように感じます。ふるさとチョイスと比較すれば、現在のところはまだ掲載している返礼品が少ないです。例えば、お肉で検索すれば、ふるさとチョイスでは1万件以上がヒットしますが、さとふるの場合は2千件程度です。さとふるのメリットは、パソコンやカメラなどの高額な電化製品が充実していること、そして返礼品の配送状況が「配送中」や「配送完了」といった感じでマイページから把握できることです。この二点に魅力を感じる人は、さとふるがおすすめです。「A町はふるさとチョイスを使う」、「B市はさとふるを使う」というように、市町村によって利用しているポータルサイトが異なるため、やはり主要なポータルサイトは全てチェックしておくとお得な返礼品を見逃す可能性が減ります。

他には「楽天ふるさと納税」という選択肢もあります。文字通り、楽天のサイトで寄付ができるので、普段から使い慣れている人にとっては便利です。また、寄付した金額の100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるのは非常に魅力的です。さらに、他の寄付者の口コミやレビューを見られるので参考にできます。ただし、掲載している自治体、返礼品の数が少ないので、欲しい品物が見つからない可能性はあります。

ふるさと納税にはポイント制があります。とりあえず寄付をしてポイントを貯めておき、好きなタイミングでポイントを返礼品と交換できます。ポイント制を使う場合には「ふるぽ」というサイトが有名です。詳しくは「ふるさと納税のポイント制とは、ふるぽで寄付や返礼品の交換を行う手順について」をお読みください。

3. ふるさとチョイスの会員登録

ここからは、最も利用者が多いと思われるふるさとチョイスで寄付することを前提に説明していきます。まずは、メールアドレスやパスワードなどを入力して無料の会員登録を行います。会員登録を行うと、気になった返礼品があったときに「お気に入り」に保存してマイページから確認ができたり、寄付の申し込み画面で入力する住所や氏名などの情報が自動で反映されたり、寄付履歴が一覧で表示されて管理できたりするなど、便利な機能がたくさんあります。会員登録が終わったら、マイページから以下のアカウント情報を登録しておきましょう。

寄附申込者情報

寄付を行って税金が控除される人の氏名や住所です。この情報は、利用するクレジットカードとも一致している必要があります。ここで登録した情報が、申し込みフォームの寄付者の情報欄に自動入力されます。

お礼の品送付先情報

お礼の品送付先情報

返礼品は寄付者の住所以外にも実家や友人などの任意の場所に発送することができます。お礼の品をどこに送付するのか住所を登録しておけば、申し込みフォームで送付先を入力するときにそれを選択することで、自動入力させることが可能です。

上限金額

「1. ふるさと納税の限度額を計算」の手順で計算した金額を登録しておきましょう。そうすると、自己負担が2千円で残りどれだけ寄付ができるのかマイページに表示されるようになります。

4. 返礼品の検索と選択

ふるさとチョイスにログインしたら、早速気になる返礼品を探していきます。果物や野菜といったようにお礼の品の種類から検索する方法や、応援したい自治体が決まっている場合には市町村から検索する方法、災害が発生した自治体へ寄付する方法など、返礼品を見つけるための手段は複数あります。

ふるさと納税ランキングでチョイス

個人的におすすめする方法は「ランキングでチョイス」という機能です。ここには、肉や米、お菓子といった各ジャンルごとに人気となっている品のベスト30が表示されます。例えば、カニが欲しいと思った人が、ランキングを使わずに「カニ」の返礼品で普通に検索を行うと、1000件近くの品物がヒットします。最近登録された返礼品が「NEW」という形で先頭に表示されるだけで、他はどれも似たようなものばかりで、きっと迷ってしまうと思います。そこで「ランキングでチョイス」を見れば、みんなが気に入っている返礼品が一目で分かるので参考になります。

ランキングで良さそうな品が見つかったら、同じ自治体の他の返礼品もチェックしてみてください。例えば、肉のジャンルで一位になっている佐賀県上峰町の「黒毛和牛1.2キロ」に興味がある人は、おそらくお肉が好きで量はたくさん欲しいという性格だと思います。実は、佐賀県上峰町では「佐賀県産の鶏肉4キロ」や「しゃぶしゃぶ用の豚肉4キロ」といった商品も用意されています。しかし、ランキングには一つの自治体につき一つの返礼品しか表示されないため、自治体のページをチェックしなければこうした選択肢に気がつかない可能性があります。

ふるさと納税お気に入り登録

気に入った返礼品は忘れずにお気に入り登録をしましょう。「お気に入り」というボタンを一回クリックすれば、ボタンの色がグレーに変わって登録されます。お気に入りを解除する場合には再度ボタンをクリックすれば良いです。お気に入りに登録した返礼品はマイページから確認できます。

また、限度額が少ない場合には問題はないのですが、限度額がおよそ10万円以上の高額になると、返礼品を選ぶ際に色々と困ることがあります。詳しくは「ふるさと納税の限度額が多くて困る?収入が多い人の返礼品選びのポイント」をお読みください。

5. ふるさと納税の申し込み

寄付をする返礼品が決まったら、「寄付を申込む」というボタンをクリックしてふるさと納税の申し込みを開始します。ただし、12月31日より前に締め切る自治体もありますので、申し込みを行う前には必ず期限などの注意事項を確認しましょう。その他の注意点としては、同じ自治体への二度目の寄付や現在住んでいる自治体への寄付では返礼品がもらえないケースがあります。

寄付の申し込みフォームを開いたら、説明に従って丁寧に入力していきます。特に注意しなければいけないのが申し込み者の情報です。ここに記載されている氏名や住所は寄付金受領証明書に記載されて、税金の控除を受ける際の証明になるため、間違いのないように入力しましょう。「3. ふるさとチョイスの会員登録」で登録した「寄附申込者情報」が自動で入力されているはずですが、一応誤りがないか再確認してください。

また、寄付金額も絶対に間違えてはいけません。例えば、1万円の返礼品しか選択していないのに、間違って3万円の寄付金額を入力した場合でも、おそらく入力エラーにはなりません。このまま3万円の支払いをしてしまえば、2万円分の返礼品はもらえないばかりか、限度額を超過してしまう危険性もあります。

配達時間は指定できるところもありますが、配達日には応じられない市町村が多いです。平日は仕事で不在の人や長期間の旅行などに出かける予定の人は、備考欄があれば記載しておくと考慮される可能性があります。

確定申告の手続きが不要となるワンストップ特例制度を利用する場合には、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」にチェックを入れます。そうすると、自治体からワンストップ特例制度の申請に必要な書類や返信用封筒などが送付されてきますので、それに必要事項を記入して寄付した先の自治体へ郵送します。ただし、ワンストップ特例制度の申請書は来年の1月10日が提出期限になっているため、年末に寄付をした場合には申請書が自宅に届くのが間に合わない可能性があります。その場合は、ふるさとチョイスのサイトや自治体のサイトから自分で申請書をダウンロードと印刷をして、1月10日までに自治体へ送ることになります。

他には、自治体のホームページに寄付者の情報を表示するかという質問にも注意が必要です。これを許可すると、市町村のホームページに自分が寄付したことが掲載される可能性があります。

寄付情報の公開

私が見たことのあるものだと、寄付した人の氏名と現住所がホームページに一覧で表示されている自治体がありました。幼少期に生まれ育った市町村に寄付している人であれば、実家がどこなのか推測されてしまう可能性も否定できません。これらは個人情報なので、誰もが閲覧できるインターネット上で公開されることに抵抗がある人は、ホームページへの公開を許可してはいけません。やっかいなところは、この質問の初期値が「希望する(許可する)」になっていることです。注意深く申し込みフォームを入力していかないと、知らぬ間にインターネット上に自分の氏名や住所が公開されてしまう危険性があります。

6. 決済

ふるさと納税の申し込みが終わったら、決済の処理に移ります。このまま決済が完了しなければ、寄付はキャンセルになります。決済方法の種類には、クレジットカード決済、銀行振込、郵便振替、現金書留など、市町村ごとに異なる決済方法が用意されています。その中から自分が好きな決済方法を選んでください。

ただし、クレジットカード決済以外は12月の早い段階で締め切る可能性がありますので、年末に寄付する場合にはクレジットカード決済しかできないケースも存在します。また、自治体側からすると決済が完了しないと返礼品の発送手続きに入りませんので、早く返礼品を届けてほしいという人は、確認に時間がかかる銀行振込や現金書留などよりは、クレジットカード決済をおすすめします。

クレジットカード決済を選んだ場合には、そのまま「Yahoo!公金支払い」のサイトに遷移します。そこで、寄付金額に間違いがないことを確認してクレジットカード番号を入力すれば、決済が完了します。決済が完了してしまえば、ふるさと納税のキャンセルをすることはできません。どうしてもキャンセルをしたいという人は、なるべく早いタイミングでその自治体にキャンセルが可能かどうか問い合わせてみてください。

7. 寄付金受領証明書の受け取り

決済が完了してから一定期間が経過すると、寄付者の自宅に寄付金受領証明書や感謝状、自治体のPRが書かれた書類などが届きます。自治体によって送付までの日数は様々で、決済から1週間ほどで届く市町村もあれば、1ヶ月ほどかかるところもありました。この中でも寄付金受領証明書は確定申告の手続きで必要になる大切な書類なので、紛失しないようにきちんと管理しておきましょう。

限度額が多くて寄付した件数が多い場合には、その分の寄付金受領証明書も増えますので、ふるさとチョイスのマイページにある「寄附申込履歴」のメモを利用して、いつ受領したのか書いておくと分かりやすいです。仮に寄付金受領証明書をなくした場合には、再発行に応じてくれない可能性があります。

8. 申告特例申請書の送付(ワンストップ特例制度を使う場合)

市町村からの送付または自分でダウンロードすることによって「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を手に入れたら、住所や氏名、マイナンバー、寄付金額などの必要事項を全て記入し、押印します。また、「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーと共に、寄付した先の自治体に郵送します。提出の期限は決まっており、基本的には寄付した翌年の1月10日になります。詳細については「確定申告が不要、ワンストップ特例制度のルールや手続き方法を理解しよう」をお読みください。

9. 返礼品が届く

決済が完了してからしばらく経つと、指定した住所に返礼品が届きます。返礼品の再発送は行わない市町村が多いので、配達業者が再配達可能な期間内(数日から1週間程度)に受け取るようにしましょう。

10. 確定申告(ワンストップ特例制度を使わない場合)

ワンストップ特例制度を利用しない場合には、確定申告をしないと税金の控除が受けられません。寄付金受領証明書を全て持参して、2月16日から3月15日の間に税務署に行って寄付金控除の手続きをしてください。ここで寄付金控除の手続きをしなかった寄付については控除の対象にならないので、申告漏れがないように注意が必要です。

11. 控除の確認

確定申告をした場合、所得税の一部が還付され、住民税が安くなります。また、ワンストップ特例制度を使う場合には、所得税の還付はなく、住民税がその分多く控除されます。きちんと想定した通りに控除されているか、6月頃に送付される住民税決定通知書を確認をしましょう。

まとめ

今回は、ふるさと納税の一連の流れについて説明してきました。私が経験した感じでは、限度額を算出する方法と申し込みフォームに入力する際に少し戸惑うだけで、それ以外にはあまり難しいことはありません。これまで面倒でふるさと納税を避けていた人にとっては腰が重いかもしれませんが、一度やってしまえば意外と簡単に思えてしまうはずです。ふるさと納税の手続きについて一通り理解したら、是非積極的にチェレンジしてほしいです。

関連する記事はこちら

ふるさと納税のポイント制とは、ふるぽで寄付や返礼品の交換を行う手順について

確定申告が不要、ワンストップ特例制度のルールや手続き方法を理解しよう

ふるさと納税で限度額を計算する方法と上限を超えて寄付するメリット