【2019年】ふるさと納税でカニのおすすめ返礼品ランキング

ふるさと納税おすすめのカニの返礼品

ふるさと納税では全国各地に魅力的な特産品があって選ぶのに困ります。私は年間に10万円以上の寄付をすることがありますが、何を注文しようか迷ったときは、普段の生活では食べないようなものを選んでいます。その代表的な例としては「カニ」が挙げられます。カニが好きな人は大勢いると思いますが、値段が安価ではないので、日常的に食べるという人は少ないと思います。カニと言っても実際にはズワイガニやタラバガニなどいくつも種類があって違いが分かりにくいです。今回は、カニの返礼品を選ぶ際に注意すべきポイントやおすすめの返礼品についてランキング形式で紹介していきます。

最新のカニのおすすめ返礼品【2019年7月時点】

ここからは、個人的におすすめのカニの返礼品をランキング形式で紹介します。もしも気になるものがない場合は、お手数ですが直接公式サイトのランキングを見て探してください。

No.1 特大生本ずわいがに しゃぶしゃぶ 1kg 【島根県安来市・20000円】

身が大きくてぷりぷりした「本ズワイガニ」が1キロも入った返礼品です。最初から殻がむいてあって、食べやすくカットされています。冷凍状態で送られてくるので、冷蔵庫で解凍した後はお刺身として食べることもできます。カニの量はむき身状態で1キロもあるので、年末年始に家族で食べても満足できるサイズだと思います。寄付金額も国産のブランドガニと比較して高くはないので、ふるさと納税で初めてカニを試してみる人にもおすすめです。

⇒ 【島根県・安来市】 特大生ずわいがに しゃぶしゃぶ 1Kg

No.2 ボイルタラバガニ足 1.5kg 【北海道弟子屈町・30000円】

カニの王様「タラバガニ」が1.5キロ入った返礼品です。タラバガニなので身が太くて食べ応えがあり、網焼きやバター焼きなど様々な食べ方で楽しめます。殻が付いているところがマイナスですが、そこが気にならない人は満足できるでしょう。

⇒ 【北海道・弟子屈町】ボイルタラバ足 1.5kg

No.3 足が折れた蒸し松葉ガニのセット 1.5kg前後 【鳥取県北栄町・30000円】

冬の日本海で水揚げされた松葉ガニをたっぷりと食べられる贅沢な返礼品です。通常、国産のカニは寄付金額が非常に高いですが、足が折れているためにお得になっています。ふるさと納税を機会に、初めて松葉ガニに挑戦するのにぴったりです。なお、注文後に即発送ではなく、発送期間は11月~2月になります。

⇒ 【鳥取県・北栄町】足が折れた蒸し松葉ガニのセット 1.5kg前後

No.4 北海道稚内で加工された本ズワイガニ800g 【北海道稚内市・20000円】

北海道稚内で加工された本ズワイガニのむき身です。最高級の昆布がセットになっているので、昆布で出汁をとって、鍋でしゃぶしゃぶをすると美味しく食べられます。

⇒ 【北海道・稚内市】北海道稚内で加工された本ズワイガニ800g

No.5 北海道の毛ガニとボタンエビのセット1kg 【北海道白老町・15000円】

普段食べない毛ガニに挑戦したくても、寄付金額が高くてなかなか手が出ないもの。しかし、こちらの返礼品では、毛ガニだけではなく、大量のボタンエビがセットになっているので、かなりコスパが良いです。

⇒ 【北海道・白老町】北海道の毛ガニとボタンエビのセット1kg

その他の返礼品

上記で紹介した返礼品の中で気に入ったものがないときは、ふるさと納税のサイトの人気ランキングを見て探してみてください。

スポンサーリンク

寄付金額別のカニのおすすめ返礼品

限度額が多い人におすすめ

【寄付金額30000円】本ズワイガニ姿 特大1kgサイズ×2尾

非常に貴重なオホーツク産の本ズワイガニの返礼品です。1キロの特大サイズの本ズワイガニが2つ入っています。足、肩肉、爪、カニみそなど本ズワイガニの全てを存分に満喫できます。寄付金額は3万円なので高めですが、見た目も豪華なので配送先住所を変更して大切な人へのギフトにするのもおすすめです。

⇒ 【北海道稚内市】オホーツク産 本ズワイガニ 特大1kgサイズ×2尾

限度額が少ない人におすすめ

【寄付金額10000円】稚内産紅ズワイかにしゃぶセット500g

返礼品の還元率に3割の上限が設けられてから、1万円でもらえるカニの返礼品はやはり減ったように感じます。現在も1万の寄付でもらえるカニの中で特に人気が高いのが、北海道稚内市の紅ズワイガニ500グラムです。北海道稚内産の紅ズワイガニが25本から40本ほど入っているので、1万円の寄付でも家族でカニしゃぶを楽しめそうです。むき身で簡単に食べられて、濃厚で美味しいと口コミでも高評価の返礼品です。

⇒ 【北海道稚内市】稚内産紅ズワイかにしゃぶセット500g

スポンサーリンク

カニの返礼品を選ぶポイント

ふるさと納税のカニの返礼品

ふるさと納税でカニの返礼品を選ぶ場合、当然ながら身の量がポイントになってきます。1万円の寄付で700グラムのカニがもらえる市町村もあれば、同じ金額で500グラムしかもらえない返礼品もあります。

カニは元々高額な魚介類なので、どの市町村も全体的に量は少ないです。また、総務省の通達によって寄付に対する返礼品の割合は年々減ってきています。例えば、昔は1万円の寄付で6千円分のカニをもらえたのに、現在は3千円分しかもらえないという感じです。それでも、ふるさと納税をしないよりは断然お得ですから、相対的にカニの量が多い自治体を探すしかありません。

ふるさと納税のカニの返礼品殻あり

私の経験では、カニの量を比較するときは、記載されている容量だけを見ていると失敗する可能性があります。なぜなら、特産品によっては上の写真のようにカニの殻が付いたままのところもあれば、殻を取ってむき身にした状態で送られるものもあるからです。一見カニの量が多いと思っても、よく見たら殻が付いたままでその分の重さが加算されており、実際の身はずっと少ないこともあります。

ふるさと納税のカニの返礼品むき身

また、食べやすいのは絶対にむき身になっているカニです。自分でカニの足をハサミで切ったりするのはかなりの手間なので、なるべく「むき身」と記載されているカニを選びましょう。ただし、本当はむき身加工されているのに、説明には「むき身されています」とか「殻を取って食べやすくしています」といった記載が一切ない場合もあります。そのようなときは、掲載されている写真や口コミなどをチェックして、むき身処理されているか判断してください。写真が殻付きのままなら、それはきっとむき身になっていないと思います。

もう一つ重要なことは、カニの種類です。カニには、「本ズワイガニ」、「紅ズワイガニ」、「タラバガニ」、「毛ガニ」などいくつか種類があります。それぞれ味や値段が異なるため、自分の限度額や好みに応じて特産品を選ぶ必要があります。

ふるさと納税のカニのしゃぶしゃぶ

一般的に、本ズワイガニと紅ズワイガニでは、本ズワイガニの方が美味しくて身がしっかりしていると言われています。紅ズワイガニは、身が柔らかくて水分量が多く、缶詰や安い回転ずしのネタなどとして使われることが多いです。そのため、カニの返礼品を探すときは、なるべく「本ズワイガニ」と記載されているものを選ぶのがおすすめです。身が大きい本ズワイガニのしゃぶしゃぶや天ぷら、刺身は絶品です。

タラバガニは実はヤドカリの仲間なので、ズワイガニとは違いが多くあります。ズワイガニの方が甘みがあって美味しいという意見が多いですが、タラバガニは値段が高いけれど身の量が多くて食べ応えがあります。男性などガッツリとカニを食べたいという人は、タラバガニを選んでみてください。

ふるさと納税の国内産のカニ

カニの産地については、残念ながら大部分が外国産になっています。日本人はカニが好きで需要が供給を上回っているので、国内で流通しているカニの多くはロシアやカナダなどからの輸入に頼っています。そのため、ふるさと納税の返礼品を見てもほとんどが外国産になっています。最近は冷凍技術が発達して外国産のカニでも十分に美味しいと言われていますから、国産かどうかは過度に神経質になる必要はないでしょう。市町村を応援するというふるさと納税の趣旨を考えれば、外国産の魚介類を扱うことは必ずしも良いことではないかもしれませんが、海外から仕入れたカニを市町村内の加工業者や販売業者が扱っているケースが多く、完全に関係がないわけではありません。

ただし、中国産のカニは水質汚染などによって安心できないという意見もありますので、気になる人は選ぶのを止めておきましょう。過去にある自治体では、カナダで獲れたズワイガニを中国で加工したものを出品していたのですが、返礼品の説明に中国が加工地である旨を記載しなかったために、不満の声が続出していることがありました。火を通せばどこの国でも問題ないと考える人であれば良いですが、気になる人は加工地まで確認しましょう。

ふるさと納税の松葉がに

また、一部の特産品は「越前がに」や「松葉がに」というように日本海で獲れた国産のブランド蟹も存在します。こうしたブランド蟹はぷりぷりの身で濃厚な甘みがあり、カニ味噌まで絶品です。ただし、寄付金額が5万円や10万円といったように高額なので、限度額が低い人は選べません。

スポンサーリンク

私が過去にもらって美味しかったカニの返礼品

北海道根室市のふるさと納税カニの返礼品

私は過去に北海道根室市に2万円の寄付をして本ズワイガニ3kgとボタンエビ500gをもらったことがあります。かなりコスパが良いですが、現在は残念ながらここまで還元率が高いカニの返礼品はないでしょう。現在は1万円の寄付で500gのカニがもらえればコスパが良い方です。カニの部位は爪、爪下、肩肉がそれぞれ1キロずつ入っており、上の写真のカニ鍋を作って美味しくいただきました。なお、カニ以外で私がもらったふるさと納税の返礼品は以下の記事で紹介しています。

カニの返礼品で有名な市町村

北海道稚内市、根室市、網走市

北海道

北海道はカニの漁獲量が日本一です。わざわざ北海道まで旅行をしてカニをお土産に買う人が多いくらい北海道のカニは人気です。ふるさと納税でも、北海道の市町村はカニを提供していることが多いです。

ただし、国産のカニは高級で返礼品として提供するには寄付金額が高くなりすぎるため、特にズワイガニなどは産地がロシアやカナダ、アメリカといった外国であるケースも珍しくありません。

ふるさと納税の新制度になり、地場産品基準を満たさない自治体は、総務大臣がふるさと納税の対象外に指定できることになりました。地場産品として認められるためには、例えば返礼品が当該市町村の区域内で生産されたものであったり、区域内で返礼品の製造や加工の主要な部分が行われる必要があります。そのため、国産以外のカニを扱っている自治体は、基本的に加工は市町村内で行っているはずです。

北海道の中でも、稚内市、根室市、網走市といった自治体はカニの返礼品に力を入れており、人気ランキングでトップ10入りしていることが多いです。

福井県越前市、福井市、坂井市

福井県の特産品のカニ

外国産のカニが多いといっても、国産のカニは根強い人気があります。中でも、福井県のブランド蟹である「越前がに (セイコ蟹)」はカニ味噌がぎっしりと詰まっている絶品のカニで、特に人気の返礼品になっています。

越前がにを返礼品として提供しているのは、福井県越前市、福井市、坂井市といった自治体です。ただし、寄付金額は7万円や10万円など非常に高額なケースがあるので、高収入で限度額が高い人が寄付の対象になるでしょう。

京都府京丹後市

カニといえば北海道や福井県などが有名ですが、異色の京都府京丹後市をピックアップしました。その理由は、京都府京丹後市には「甲羅盛り」という衝撃的な返礼品があるからです。カニの甲羅の上に、松葉ガニの身、内子と外子、カニ味噌などを贅沢にのせたもので、見た目のインパクトもすごいです。

⇒ 京都府京丹後市の松葉ガニの甲羅盛り

コスパが良さそうなカニの返礼品レビュー

ここからは、全国から私が探したコスパが良さそうなカニの返礼品をレビューしています。ただし、この部分は記載した時点の内容なので、現在は扱っていない可能性はあります。

根室海鮮市場〈直送〉生本ずわいがに3kg、ぼたんえび500g【北海道根室市・2万円の寄付】

生本ずわいがにとぼたんえびがセットになった豪華な返礼品です。本ずわいがにの部位は、爪、爪下、肩肉がそれぞれ1キロずつ合計で3キロ入っているので、爪はかにしゃぶや鍋、肩肉は味噌汁というように、様々な料理法で食べ比べができます。カニは殻を取ってむき身になっているので、とても食べやすいです。そして、カニの産地はロシアですが、加工は北海道で行っているので安心です。本ずわいがにが3キロというのは、全国の自治体を探してみても滅多に見つかるものではありません。

しかも、本ずわいがにだけではなく、ぼたんえびが500グラムも入っています。数に換算すると10尾くらいなので、夫婦と子供一人の家族ならば、一人当たり3尾以上食べることができます。ぼたんえびはカニと並んで高級な食材ですから、カニと同じ食卓で食べられるなんて最高の贅沢ですね。刺身で食べたり、天ぷらにしたり、色々と調理してみてください。

この返礼品は「カネカイチ鈴木商店」というお店が出荷しているもので、楽天市場や公式サイトからも購入することができます。公式サイトを見ると、3キロのカニは約1万円、500グラムのぼたんえびは約3千円で売られていますから、合計すると約1万3千円の価値があります。還元率に換算すると65%になり、4割くらいの還元率の返礼品が多い中でこれはかなりお得な特産品と言えます。

北海道根室市は北海道の最東端に位置する町で、大自然が残り、豊富な魚介類が魅力になっています。ふるさと納税の寄付先として人気を集めており、最近は寄付金額が10億円を突破しています。寄付金の使い道として北方領土の返還運動があるので、そうした活動を応援したい人にも注目の自治体です。

刺身用生ズワイしゃぶしゃぶ 700g【大阪府泉佐野市・1万円の寄付】

生ズワイガニが700グラム入った大阪府泉佐野市の特産品です。実際には700グラムよりも多く入っているようで、2人前から3人前の量になっており、夫婦と子供の家族でも満足して食べられます。食べやすいようにむき身加工されていますので、ハサミや包丁を使って調理する必要はありません。カニの部位としては、爪と爪下、足となっており、食べにくい肩肉は含まれていません。刺身や鍋、天ぷらなど素材の味を活かしたシンプルな味付けで料理したいですね。賞味期限は冷凍保存で約1ヶ月です。食べる前日くらいに冷蔵庫に移して解凍を行い、美味しさを損なわないようになるべく早く食べましょう。

提供会社は「匠ファーム」や「はや泉州の郷」と記載されていますが、おそらく「シートラスト株式会社」という大阪に拠点を持つカニの専門店だと思われます。なぜなら、楽天市場にはこの返礼品と全く同じ写真の商品が売られているからです。シートラスト株式会社の拠点は大阪府泉佐野市にないと思いますが、ふるさと納税の返礼品はその自治体で全て手に入るものとは限りません。普通は自分の自治体にある農家や商店が儲かるようにしますが、自治体外の商品を返礼品にすることは可能です。また、大阪府泉佐野市にある企業や旅館経由でシートラスト株式会社の商品を売れば、自分の自治体にある特産品であるように見えます。楽天の方は税込み5400円で売られているので、還元率は5割を超えて悪くはありません。購入者の口コミも高評価ばかりで、ボリュームがあって美味しいという意見が多いです。

シートラスト株式会社は、創業してから10年以上が経過するカニの卸売りを行う企業です。カニの専門店として高級旅館などへも販売しているだけあって、品質の方は最高レベルでしょう。産地はアメリカ、ロシア、カナダのいずれかで、寄付者が選ぶことはできません。中国は含まれていませんので、そこは安心できます。

大阪府泉佐野市はふるさと納税に力を入れている自治体です。カニの他には肉とタオルが目玉商品となっており、1万円の寄付で黒毛和牛が1250グラムもらえるようなコスパの高い返礼品もあります。過去の寄付金の使い道としては、図書館の本の増設や地元のお祭りの活性化などがあります。大阪という大都市にあるので過疎化は進んでおらず、人口は10万人を超えて地方交付税に依存している割合も少ないです。そのため、少子高齢化に苦しんでいる田舎を応援したい人には合わないかもしれません。

カニの王様タラバガニ大量1.5kgセット【北海道根室市・2万円の寄付】

こちらも北海道根室市のカニの返礼品になります。ふるさと納税の返礼品は全体的にズワイガニが多く、タラバガニの2倍くらいの数があります。ズワイガニは食べ飽きたという人や、ズワイガニとタラバガニを両方食べ比べしたい人におすすめの返礼品になります。特産品の内容としては、特大サイズのタラバガニの棒肉が500グラム、爪と肩肉が1キロになります。棒肉はむき身処理されて、爪と肩肉はカットされているので、そのままでも食べやすいです。個人的には、全て棒肉ポーションだったらもっと良かったと思いますが、そのような返戻品はなかなか見当たりませんね。

タラバガニはズワイガニよりもボリュームがあり、「カニを食べている」という実感がわきます。小さいサイズのズワイガニや紅ズワイガニは、男性の場合は食べ応えがなくて十分な満足感を得られない可能性があります。そういったときにはタラバガニを選んでみてください。茹でた後にカニ酢をつけて食べたら最高に美味しいと思います。

楽天で調べると1キロのタラバガニが7千円ほどで売られているので、1.5キロになると1万2千円から1万5千円くらいになります。つまり、還元率は6割以上となるので、ふるさと納税の特産品の中ではかなりお得な方です。他の自治体でもタラバガニは扱っていますが、例えば静岡県の自治体は2万円の寄付で1キロになっていますから、相対的に見てもコスパは高いです。

越前がに【福井県あわら市・5万円の寄付】

限度額が多くて余っている人は、越前がになどのブランド蟹がおすすめです。越前がには福井県で水揚げされたズワイガニのことで、皇室に献上するカニとしても知られています。カニの身は甘くてぎっしりと詰まっており、カニ味噌も濃厚で美味しいです。福井県が誇るブランド蟹として黄色のタグを付けるなど厳正な管理がされており、県外からわざわざ旅行をして食べにくるほど人気です。商品を提供している企業は「株式会社真洋水産」です。福井県のあわら市に店を構える魚屋で、カニの他にはノドグロや自家製の干物などの魚介類を扱っています。

老舗の高級旅館などで扱う越前ガニを丸ごと一杯もらえますので、カニの爪から肩肉まで全てを存分に味わうことができます。他の自治体では福井県の福井市や越前市でももらえますが、現在のところ売り切れになっています。福井県あわら市の場合に気になるのは、商品の説明がほとんどないことです。5万円と10万円の2種類の越前ガニがありますが、どちらも一杯しかもらえないので違いが明確ではありません。もう少し詳細に書いた方が寄付者が安心できると思うので頑張ってほしいです。おそらく、10万円の方はサイズが大きいと思いますが、寄付をしようと考えている人は事前に問い合わせた方が良いでしょう。

また、もう一つの注意点としては、申し込みが可能な期間に制限があることです。越前がには国産のカニなので、資源保護のために冬の一定期間しか漁が許可されていません。そのため、この返礼品に関しては、11月上旬から3月末までしか申し込みを受け付けていません。

関連記事(一部広告含む)