最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

PABLOの焼きたてチーズタルトが美味しくて何度もリピート購入しています

IMG_4470

焼きたてチーズタルトの専門店として圧倒的な地位を確立した「PABLO」。「レア」と「ミディアム」という2種類の焼き加減を選べることは、チーズケーキの革命と言われています。今回は、PABLOの秋葉原店で「焼きたてチーズタルト」と「ごろごろマンゴーとココナッツのチーズタルト」を買って食べてみました。

なお、国内旅行を予約するときに安く済ませるポイントは、新幹線と宿泊のセットパックを利用することです。ちなみに、私がよく利用するサイトは「日本旅行」というサイトです。国内最大級のサイトだけあって、やはり使いやすいと思います。

PABLOの概要

PABLOとは、焼きたてチーズタルトの専門店です。これまでの常識を覆し、チーズケーキの焼き加減を「レア」と「ミディアム」から自由に選べることが特徴です。テレビや雑誌などで何度も取り上げられる人気店で、大阪の梅田店を1号店として誕生してからは、沖縄や福島などにも続々と新店舗が設立されています。海外進出も果たし、現状では韓国と台湾にも店舗があります。

扱っているメニューも様々な種類があります。一番人気なのは、焼き加減を選べる「焼きたてチーズタルト」です。他には、濃厚なチーズ味が特徴的な「プレミアムチーズタルト」や期間限定商品として宇治抹茶やイチゴなどをトッピングしたタルトも販売されています。

PABLOの秋葉原店は、アキバ・トリムの1階にあります。営業時間は11時~21時で、定休日はありません。ちなみに、秋葉原の電気街口には、「PABLO mini(パブロミニ)」という小さ目のチーズタルトだけを扱った専門店もあります。

PABLO(秋葉原店)への交通アクセス
PABLOの秋葉原店は、AKIBA TOLIM(アキバ・トリム)という商業ビルの1階にあります。JR「秋葉原」駅を利用している場合には、中央改札口を出て右側にあります。また、東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅からは、3番出口を出てJR秋葉原駅の方へ歩くと見つかります。

PABLOのチーズタルトを実食した感想

今回は、PABLOの秋葉原店で「焼きたてチーズタルト(税込価格850円)」と「ごろごろマンゴーとココナッツのチーズタルト(税込価格1,800円)」を買ってきました。「ごろごろマンゴーとココナッツのチーズタルト」は7月の季節限定メニューです。PABLOの秋葉原店は何度も利用していますが、駅からも近く、交通アクセスは便利です。店の外観は小さいので、初めて行くと見過ごしてしまう可能性があります。

注意点としては、季節限定のメニューは売れ切れる可能性があるということです。過去に来たときも何度か売り切れで購入できないケースがありました。バレンタインデーやホワイトデーなどに販売された「焼マシュマロチョコチーズタルト」は、お昼過ぎに行ったときには早々に売り切れていました。季節限定以外の「焼きたてチーズタルト」や「プレミアムチーズタルト」などの定番メニューは売り切れになっていたことはありません。今回は平日の15時頃に訪問しましたが、季節限定の「ごろごろマンゴーとココナッツのチーズタルト」がまだ販売していました。

店の前には誰も並んでおらず、すぐに購入できました。以前来たときは最大で3、4人並んでいたこともありますが、平日であれば大抵空いています。商品を注文すると、待ち時間なしですぐに商品が出てきます。2種類のチーズタルトを購入したので、別々の紙袋に入れて渡されました。無料の保冷剤を入れて頂き、持ち運びは2~3時間できます。有料の保冷バックを購入すれば、最大で4時間持ち運べるようです。それでは、家に帰って食べてみた感想を書いていきます。

ごろごろマンゴーとココナッツのチーズタルト

IMG_4434

商品は四角形の箱に入っています。箱の表面にはPABLOのロゴやホームページのURLなどが記載されています。消費期限は、生のフルーツが使用されているため当日中です。

IMG_4442

タルトを箱から取り出してみました。神々しいほど光っているマンゴー果肉の周りに、ローストしたココナッツがちりばめられています。

IMG_4441

さらに、マンゴー果肉に注目してみます。フレッシュなマンゴーのカットが合計で20個ほどあります。2千円以下の値段で、これだけマンゴー果肉がふんだんに使われていれば十分でしょう。一つの大きさは3センチから4センチほどです。

IMG_4490

次は、タルトをカットして中を見てみます。表面だけではなく、中の方までぎっしりとマンゴーが入っています。その下は、通常の焼きたてチーズタルトと同じものが使われているようです。

実際に食べてみると、みずみずしくて柔らかいマンゴーが印象的です。果肉が大きいため、マンゴーの味や香りが口いっぱいに広がります。ココナッツの独特な味や食感もありますので、苦手な人もいるかもしれません。通常のチーズケーキは一度に大量に食べると甘くて飽きてしまいますが、これはマンゴーのほのかな酸味が加わって幾らでも食べられそうです。非常に美味しくて、大満足のチーズタルトでした。

焼きたてチーズタルト

IMG_4449

次は、一番人気の焼きたてチーズタルトを食べていきます。外箱は季節限定のものと似ていますが、ロゴの色が黒に変わっています。箱の右下には、「崩れやすいので、持ち運びにご注意ください」という注意書きがあります。確かに、過去に購入した際に少し乱暴に持ち運んだら、ちょっとだけ崩れていた経験があります。今回は紙袋を手に持ってテイクアウトしましたが、全く崩れていませんでした。横にしたり、ひっくり返したりしなければ問題はないと思います。消費期限に関しては、購入日を含めて3日間持ちます。

IMG_4464

焼きたてチーズタルトの表面には、ゼリー状のジャムが薄くのっています。中央にはパブロのロゴが描かれています。

IMG_4503

焼き加減はミディアムを選択しましたので、トロトロではありません。チーズケーキの部分は程よく固まっています。パイは側面と底にも使用されています。

こちらは2日間冷蔵してから食べました。冷蔵しても固くなることはなく、非常に柔らかいです。チーズの濃厚さはそこまでなく、クリームの甘さが強い気がします。パイは2日間経ってもサクサクでちょっと固めです。側面のパイは厚みがあるため、クッキーみたいでアクセントになっています。何度も食べているタルトですが、時々無性に食べたくなる中毒性があります。

タルトを比較

IMG_4474

2つのタルトを横に並べてみると、大きさは変わりません。1ホールの大きさは、どちらも直径15センチ程度です。

IMG_4481

箱の高さは、果肉が潰れないようにマンゴータルトの方があります。

タルトの量について

タルトはそこまで大きくはありません。スイーツ好きの人や男性などであれば、一度に半分くらいは簡単に食べられると思います。複数人で食べる場合には、一人あたり4分の1くらいは食べないと物足りないかもしれません。焼きたてチーズタルトは3日間持つので、一人でも問題なく食べられる量です。

プレミアムチーズタルトについて

チーズの濃厚さを求める人は、プレミアムチーズタルト(税込価格1706円)をおすすめします。2種類のクリームチーズを贅沢に使用しているワンランク上のチーズタルトです。以前食べたときはチーズの味が強く、かなり濃厚に感じました。個人的には焼きたてチーズタルトの方が好みですが、まるでチーズをそのまま食べているかのような味わいを一度試してみてください。

オンラインショップについて

楽天市場には、PABLOのオンラインショップがあります。わざわざ店頭に行くのが大変な人は、インターネットからでも購入することが可能です。ただし、焼きたてチーズタルトはオンラインショップからは購入することができません。

感想

今回は、PABLOのチーズタルトを食べてみました。千円以下の値段で、これだけ美味しいチーズタルトをワンホールも食べられるのは驚異的だと思います。期間限定の方は少し高い価格帯なので、自分が好きなメニューが発売されたときには再度挑戦したいですね。PABLOのチーズタルトはこれまでに何度も食べていますが、飽きることはなく今後も食べ続けていきそうです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。