最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

夏の風物詩、埼玉県の川越氷川神社で縁むすび風鈴を見てきました

img_4944

縁結びの神様として信仰を集めている埼玉県川越市の氷川神社。「運命の赤い糸を結ぶ結婚式」として、神前式の挙式が行われることも多くあります。また、夏の季節になると「縁むすび風鈴」というイベントが開催され、境内には約2000個の江戸風鈴が設置されます。今回は、川越氷川神社の縁むすび風鈴を見に行ってきました。

なお、国内旅行を予約するときに安く済ませるポイントは、新幹線と宿泊のセットパックを利用することです。ちなみに、私がよく利用するサイトは「日本旅行」というサイトです。国内最大級のサイトだけあって、やはり使いやすいと思います。

川越氷川神社の概要

川越氷川神社とは、埼玉県川越市にある神社です。氷川神社には五柱の神様が祀られており、これらの神様に家族および夫婦の関係性が存在することから、家族円満や夫婦円満、縁結びにご利益があると言われています。「運命の赤い糸を結ぶ結婚式」をコンセプトに式場としても人気があり、氷川神社で神前式を行った後は、神社の隣にある氷川会館で披露宴を開くことが可能です。

川越氷川神社への交通アクセス
西武新宿線の「本川越」駅または東武東上線の「川越」駅から東武バスに乗り、「宮下町」で下車します。もしくは、「本川越」駅か「川越」駅から小江戸巡回バスに乗り、「氷川神社前」で下車します。徒歩で行く場合には、本川越駅から約25分、時の鐘や菓子屋横丁があるエリアからは約15分です。

縁むすび風鈴の概要

夏の季節になると、川越氷川神社では「縁むすび風鈴」というイベントが開催されます。このお祭りの期間中には境内に約2000個の江戸風鈴が設置され、天の川に恋の願いが届くように、参拝者は願い事を書いた木の短冊を風鈴に結びます。

その他にも、風鈴を用いたオブジェクトが展示されたり、夜にはライトアップが行われるなど、見て楽しめるようにもなっています。2014年に初めて開催されてから今年で3度目になるイベントですが、今ではテレビや雑誌等で大々的に紹介される人気のお祭りになっています。

開催場所は川越氷川神社の境内で、風鈴を鑑賞するだけなら料金は不要です。2016年の開催期間は7月9日〜8月31日で、開催時間は9時〜21時になります。

縁むすび風鈴の様子

実際に川越氷川神社の縁むすび風鈴を見てきたので、その時の様子を写真と共に紹介していきます。

img_4979

木製の鳥居としては日本一の大きさを誇る大鳥居を通り、氷川神社の境内に入ります。高さは15メートルもあり、近くからだとカメラに収まりきらない大きさです。なお、右手に少し見えている白い建物が氷川会館になります。

img_4958

風鈴を鑑賞する前に、まずは拝殿に向かって参拝を行います。人が多くて拝殿の全体像は撮れませんでした。

img_4944

そして、これが今回一番の目的である江戸風鈴になります。カラフルで透き通った色合いの風鈴が、何とも涼しげな雰囲気を出しています。

img_4942

よく見ると、風鈴の下には願い事が書かれた短冊が吊るされています。

img_4945

縁結び風鈴に吊るされる「願いごと短冊」は初穂料が500円になっています。短冊の表面には「川越氷川神社」の文字があり、裏側に自分の願い事を書くようです。

img_4950

非常に珍しい「竹毬(たけまり)風鈴」です。「戌岩」と呼ばれる犬の形をした岩のあたりに、全部で10個ほどの竹毬風鈴が展示されています。

img_4954

一つの竹毬の中には3個の江戸風鈴が入っています。夜になると竹毬に仕込まれたLEDライトが美しく光るようですが、昼間に行ったので少し味気ないです。そもそも、竹毬風鈴は3、4メートル離れた位置に展示されているので、肉眼では竹毬の中にある風鈴が見えづらく、これは夜になって来ないと面白くありません。

img_4949

濃いめの赤色をした風鈴もありました。

img_4967

大鳥居とは別の入り口にある鳥居にもたくさんの風鈴が展示されていました。

img_4968

これだけの数があると見応えがありますね。私の他にも風鈴の下で写真を撮っている人が多くいました。

img_4974

img_4962

氷川神社では、縁結びに関するグッズが多く売られています。定番の絵馬やお守りだけではなく、上の写真の「赤縁筆(300円)」ように変わったものもあります。

所要時間

境内はそんなに広くはないため、参拝と風鈴を鑑賞するのに30分くらいあれば大丈夫だと思います。

混雑状況

昼間に行ったところ、とても混んでいました。拝殿の前に参拝者は並んでいませんでしたが、境内全体に風鈴を鑑賞する人たちが大勢います。しかし、そんなに見るところもなくて長居をするようなお祭りではありませんし、風鈴が頭上に設置されていることもあり、混んでいてもあまり問題にならないと思います。

周辺観光

川越市は様々な観光スポットが近くに密集しているため、氷川神社だけに行って帰るのはもったいないです。氷川神社の周辺には、川越城や時の鐘(2017年1月13日までは耐震化工事のため見れない)、蔵造りの街並みや菓子屋横丁など、有名な観光名所や食べ歩きグルメが色々とあります。事前に行きたいところを絞って川越市を満喫してみてください。

感想

今回は、埼玉県の川越氷川神社に行き、縁むすび風鈴のお祭りに参加してきました。昼間に行ったのでそこまでの感動はなく、夜に行った方がライトアップされて綺麗だったかもしれません。ただし、願い事を書いた短冊を風鈴に吊るすというのは、趣があっていい試みだと思いました。川越観光の一つとして、是非氷川神社にも訪れてみてください。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。