最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

埼玉県でさくら名所100選として人気な大宮公園に桜を見に行きました

大宮公園の桜

埼玉県さいたま市にある大宮公園は、日本さくら名所100選に認定される桜の名所です。園内には約1000本のソメイヨシノが咲き、敷地全体に広がる淡いピンク色が春を感じさせてくれます。今回は、大宮公園に桜を見に行きました。

なお、国内旅行を予約するときに安く済ませるポイントは、新幹線と宿泊のセットパックを利用することです。ちなみに、私がよく利用するサイトは「日本旅行」というサイトです。国内最大級のサイトだけあって、やはり使いやすいと思います。

大宮公園の桜の概要

大宮公園とは、埼玉県さいたま市にある県営の公園です。自然豊かな園内には四季折々の草花が咲き、地元の人に愛されています。春になると約1000本のソメイヨシノが見頃を迎え、県内屈指の桜の名所になります。埼玉県では3箇所しか存在しない「日本さくら名所100選」に選ばれており、お花見スポットの全国人気ランキングでも毎年上位になっています。

基本情報

定休日

なし(小動物園と博物館は月曜日)

料金

無料(博物館は除く)

交通アクセス

大宮公園駅または北大宮駅 ⇒ ( 7分 ) ⇒ 大宮公園
※どちらの駅から行っても同じくらいの距離です。大宮公園駅から行った場合は「歴史と民俗の博物館」や「舟遊池」に近く、北大宮駅は桜が多く咲いている「自由広場」に近いです。園内には駐車場がありますが、収容台数がそんなに多くはないため、連日満車になります。最寄駅から歩いていける距離なので、なるべく電車で行くことをおすすめします。

開花状況

大宮公園の桜の開花状況

今年は3月22日に桜の開花宣言をしました。その後は、3月30日の時点で5分咲き、4月1日に8分咲き、そして4月3日に満開になりました。4月5日頃から少しずつ散り始め、4月9日にはおよそ8分咲きになっています。上の写真は4月11日時点のものですが、葉桜になっている場所がある一方で、まだまだ綺麗に咲いているところも多くあります。

大宮公園の桜の様子

ここからは、大宮公園で桜が咲いているスポットや園内の施設について紹介していきます。

舟遊池(ボート池)

ボート池の桜

園内では一番大きい池で、池の周りに桜が咲いています。

池に反射する桜

池の水面がまるで鏡のようになっており、そこに反射した桜が独特な景観を生み出しています。

自由広場

自由広場のソメイヨシノ

咲いている桜の数が最も多く、花見のメイン会場になる広場です。私が行った時には、花びらが散って地面がピンク色の絨毯に変わっていました。ここでは、桜が見頃の期間限定で多くの屋台が出店します。

自由広場のしだれ桜

自由広場の端の方に、しだれ桜が咲いていました。

日本庭園

日本庭園

日本庭園に限らず、大宮公園には背の高い松の木が多くあります。小さい庭園で桜はあまり咲いていませんが、ツバキとシャガの花はここでしか見られません。

氷川神社

氷川神社

朱色の楼門が目印の神社です。神前結婚式が行われるほど立派な境内なので、参拝してみてください。

護国神社

護国神社の鳥居

氷川神社の他に護国神社という神社があります。個人的には、ここの鳥居の周辺に咲く桜が最も綺麗に感じました。

護国神社の社殿

上の写真は護国神社の社殿です。

児童遊園地

児童遊園地

遊具と一部有料の乗り物がある遊園地です。多くの子供が遊具で楽しそうに遊んでいました。

小動物園

小動物園

サルやカピバラ、フクロウなどを飼育する無料の動物園です。

歴史と民族の博物館

歴史と民族の博物館

大宮公園のすぐ隣には「歴史と民族の博物館」があります。旧石器時代から現代における歴史的な資料の展示や、埼玉県の農業に関する紹介などを見られます。

所要時間

歩きながら桜を見たり、神社で参拝するだけなら、1時間程度です。その他に動物園や遊園地で遊んでも、合計で2時間くらいだと思います。

混雑具合

最盛期を過ぎた平日ということで、非常に空いていました。花見をしている家族は何組か見かけましたが、ほとんど貸し切りのような状態です。この時期でも十分に綺麗なので、混雑を避けたい人にとって穴場スポットです。

感想

今回は、大宮公園の桜を見に行ってきました。見頃は過ぎていましたが、驚くほど綺麗に咲き誇っている場所も多くありました。ピークが少し過ぎた頃に行って、花びらが散っている中を散歩するのも悪くはありませんね。桜だけではなく、動物園や神社、博物館などが密集しているので、家族のお出かけやデートでも1日楽しめると思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。