最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

世界遺産と絶品グルメに大満足、広島県の有名観光スポットを一人旅

s_IMG_0201

世界遺産や大自然、美味しいグルメなど、魅力的な旅行先としての要素は何でもそろっている広島県。交通アクセスも便利で、一日あれば二つの世界遺産を巡って名物料理を存分に堪能できます。今回は、11月下旬の紅葉の時期に広島県へ旅行に行ってきました。

なお、国内旅行を予約するときに安く済ませるポイントは、新幹線と宿泊のセットパックを利用することです。ちなみに、私がよく利用するサイトは「日本旅行」というサイトです。国内最大級のサイトだけあって、やはり使いやすいと思います。

広島観光の旅程

まず最初に今回の大まかな旅程を説明します。モデルコースの一例として、広島県へ旅行をする際の参考にして頂けたら幸いです。なお、実際の時間については多少前後があります。

08時00分~08時20分:「銀山町」駅から徒歩で平和記念公園へ
08時20分~10時30分:平和記念公園を観光
10時45分~11時30分:広島電鉄7号線「原爆ドーム前」駅⇒JR山陽本線「横川」駅⇒「宮島口」駅
11時40分~11時50分:宮島フェリーで宮島へ
12時00分~13時00分:「牡蠣屋」で昼食
13時00分~14時00分:揚げもみじを食べる、五重塔、大願寺、紅葉谷公園を観光
14時00分~15時30分:弥山登山
15時30分~16時15分:厳島神社観光
16時40分~16時50分:宮島フェリーで宮島口へ
16時50分~17時30分:「うえの」であなごめしを食べる
17時30分~18時15分:JR山陽本線「宮島口」駅⇒広島電鉄2号線「広島」駅⇒「銀山町」駅
18時30分〜19時30分:「八晶」で夕食

旅行の日付は11月19日です。今回の広島旅行では「原爆ドーム」と「厳島神社」という二つの世界遺産を中心に回ります。「銀山町」駅からスタートし、午前中に平和記念公園内を観光します。その後、電車と宮島フェリーを乗り継いで宮島へ行き、宮島内のグルメや神社などを見ていきます。そして、弥山の頂上まで登山を行い、満潮の時刻になったら厳島神社を観光します。最後に、広島名物のあなごめしとお好み焼きを食べて終わりです。

平和記念公園

銀山町駅の周辺にあるホテルに宿泊し、翌日の朝から出発します。当初は銀山町駅から広島電鉄に乗って原爆ドーム前に行く予定でしたが、時間もあるので徒歩で行くことに変えます。銀山町駅から大通り沿いをしばらく直進し、平和記念公園がある交差点で左折します。銀山町駅から20分ほど歩くと平和記念公園に到着しました。ちなみに、左折ではなくて右折すれば広島城にたどり着きます。

朝早い時間帯ということで、平和記念公園は静かでとても空いています。外国人の団体客が数組だけ来ていました。8時30分から平和記念資料館が開館するので、それまでは平和記念公園の中を散策します。まずは、公園の中心部にある慰霊碑で追悼を行います。慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という有名な言葉が刻まれています。そこから少し歩き、平和の灯、原爆の子の像、平和の鐘を見て、世界遺産に登録されている原爆ドームを見に行きます。

その後に再び来た道を戻り、平和記念資料館に入ります。観覧料は、大人200円、高校生が100円、中学生以下が無料です。館内には原爆による被害の模型や遺品などが多数展示されています。1時間ほどかけてじっくりと解説を読み、平和記念資料館を出ました。

宮島

平和記念公園から電車に乗って宮島口駅に行き、そこから宮島フェリーに乗って宮島へ向かいます。フェリーは1時間に数本出ていますが、それでも私が乗った便は満員でした。10分ほどフェリーに乗って宮島に到着です。

s_IMG_0206

宮島には鹿が沢山います。歩いていればそこら中で鹿を見かけ、エサを求めて近寄ってきます。しかし、宮島の鹿はエサやりが禁止されているので注意してください。

五重塔

s_IMG_0202

厳島神社へ行く前に、宮島内を色々と散策します。まずは、五重塔を見に行きました。

大願寺

s_IMG_0207

滋賀県の宝厳寺、神奈川県の江島神社と並び、日本三大弁財天に数えられている大願寺(だいがんじ)で参拝をします。

紅葉谷公園

s_IMG_0211

約700本の紅葉が咲き、紅葉の名所として知られている紅葉谷公園(もみじだにこうえん)です。厳島神社から山道を徒歩で10分ほど歩いて到着です。しかし、残念ながら私が行った時には既に紅葉が終わる頃でした。

宮島ロープウエー

s_IMG_0213

紅葉谷公園の近くには、弥山へつながる宮島ロープウエーの乗り場があります。厳島神社から徒歩で行くと坂道を20分くらい歩く必要があって大変ですが、無料送迎バスが20分間隔で運行しています。ただし、無料送迎バスの待合場所は行列になっていて、列の後ろの方に並んでいるとバスに乗れない可能性があります。宮島ロープウエーの往復料金は、大人1800円、子供900円です。宮島ロープウエーの紅葉谷駅から終点の獅子岩駅まではおよそ20分で、一度ロープウェイの乗り換えをはさみます。

弥山

宮島ロープウエーを使って獅子岩駅に着いたら、弥山登山をするかしないかによってコースが変わってきます。全く歩きたくないという人は、獅子岩駅の展望台から絶景を眺めて、再びロープウェイで帰ります。獅子岩駅から片道20分ほど歩けば、弥山本堂や恋人の聖地として有名な霊火堂があります。霊火堂では、弘法大師が修行の際に焚いた護摩の火が1200年間燃え続けています。また、霊火堂の火は平和記念公園にある「平和の灯」の火種として使われています。さらに、弥山本堂があるエリアから30分ほど歩くと、弥山の山頂に到着します。

・コース例1
獅子岩駅で展望台から眺めて帰る

・コース例2
獅子岩駅⇒(徒歩20分)⇒弥山本堂、霊火堂

・コース例3
獅子岩駅⇒(徒歩20分)⇒弥山本堂、霊火堂⇒(徒歩30分)⇒弥山山頂

どこまで行くかはその人によりますが、弥山の山道は歩きにくく、傾斜もきついです。散歩感覚で行くような場所ではありません。また、一度登山を始めてしまえば、そこから折り返してくる体力も残しておかなければなりません。私が弥山山頂まで行ってみた感覚からすると、登山に慣れている人や体力に自信がある人以外は山頂まで行くのは避けた方が良いと思います。

s_IMG_0231

山道をひたすら歩き、標高535メートルの弥山山頂に到着です。階段や坂道が多く、かなり険しい道が続いていました。

s_IMG_0223

弥山の山頂にも何故か鹿が住んでいます。

s_IMG_0222

弥山展望台です。汗だくになった身体を冷やしつつ、360度の大パノラマを座って眺めます。

s_IMG_0224

日本三景にも選ばれている弥山からの眺めは最高ですね。

s_IMG_0225

s_IMG_0233

厳島神社

世界遺産に登録されている厳島神社です。厳島神社は海に浮かぶ赤い鳥居が有名ですが、実際には時間帯によって様子が全く異なります。満潮時に訪問すれば海に浮かぶ荘厳な鳥居を眺められますが、逆に干潮時に行けば海に浮かんでいない分、鳥居の近くまで歩いていくことができます。宮島観光協会のホームページに月日ごとの満潮時刻、干潮時刻が掲載されていますので、必ず事前に自分が行きたい方の時間帯を調べておくことをおすすめします。

s_IMG_0239

弥山を登山し終わると、ちょうど厳島神社が満潮の時刻になりました。入り口で拝観料の300円を支払い、境内を進んでいきます。

s_IMG_0245

厳島神社の回廊は一方通行になっていますので、後悔しないように写真を撮りながらゆっくりと歩いていきます。

s_IMG_0201

有名な大鳥居です。大鳥居を正面に眺められる場所には、記念写真を撮る人たちで行列になっていました。

s_IMG_0250

厳島神社の所要時間はおよそ30分くらいです。大鳥居以外にはそんなに見るところはありません。

グルメ

ここからは、今回の広島旅行で食べたグルメについて紹介していきます。

牡蠣

宮島で美味しい牡蠣を食べられる店といえば「牡蠣屋」です。表参道商店街の中心あたりに店があります。昼食の時間帯に訪問しましたが、店の前には10人くらいの行列ができています。事前にホームページから優先予約シートを記入していきましたが、店員さんが忙しそうで、先に並んでいる人にも申し訳なく思ったので、使わずに大人しく並びました。15分くらい待ってカウンター席に案内されます。

s_IMG_0197

私がランチに注文したのは「牡蠣屋定食(2150円)」です。裏メニューという位置付けでありながら、多くの人が注文する大人気メニューです。焼き牡蠣2個、カキフライ3個、牡蠣めし、牡蠣の佃煮、牡蠣の味噌汁が全てセットになった牡蠣づくしのメニューです。大ぶりで食べ応えがあり、どれも美味しくて感動です。また食べたいと思える料理でした。

s_IMG_0196

牡蠣屋定食に含まれている焼き牡蠣の写真です。

揚げもみじ

s_IMG_0199

表参道商店街にある「紅葉堂弐番屋」で食べた「揚げもみじ(180円)」です。あんこ、クリーム、チーズ味の中から選ぶことができます。店内には簡易的なイートインのスペースがあり、座って食べることができました。個人的には、通常のもみじ饅頭よりも揚げた方が好きです。

あなごめし

s_IMG_0251

宮島へ渡るフェリー乗り場の近くにある「うえの」という店で食べた「あなごめし上(2000円)」です。あなごめしの発祥として非常に人気の店です。平日の夕方に訪問しましたが、8割くらいの客入りで待ち時間なしで着席できました。一人客も何人かいるようで、一人でも入りやすい雰囲気です。あなごはふっくらとしていて、味はかなりあっさりとしています。もちろん、うなぎとは全く異なる味です。人生で一度は食べてみてはいかがでしょうか?

お好み焼き

広島グルメと言えばお好み焼きです。銀山町駅から徒歩10分ほどの距離にあるお好み焼きの名店「薬研堀 八昌」に行ってきました。道をあまり調べずに向かった結果、なかなか店が見つからず、銀山町駅から30分以上歩いての到着でした。夜の19時頃という夕食の時間帯のため、店内は既に満席で、店の外には10人くらいの行列ができています。最後尾に並び、30分ほど待って着席できました。

私が注文したメニューは「そば肉玉(864円)」です。焼きそばやキャベツなどが入った定番の広島焼きです。実際に運ばれてきたお好み焼きを見ると、非常にボリュームがあります。作っている様子を眺めていると、もの凄い量のキャベツを投入していました。味の方はあっさりとしていて食べやすいです。ただし、量が多いため、このボリュームでは席の回転率が悪いのも納得できます。値段は安いですし、男性や学生にはぴったりの夕食ですね。

店の立地場所が悪い上に店内は非常に狭く、特に女性の場合は一人で入りにくい雰囲気です。隣の席との間隔はとても狭いため、今回は料理の写真を撮りませんでした。

感想

今回は、平和記念公園と宮島を中心に広島観光をしてきました。たった一日でしたが、様々な場所を観光し、広島グルメを堪能できました。唯一残念だったのは紅葉が見られなかったことですが、それ以外は最高の旅行でした。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。