格安で絵画をレンタルできる「Casie」が絵画好きにたまらない

Casie

私は絵が好きで、たまに美術館に行きます。特に詳しいわけではありませんが、絵を眺めることが純粋に楽しいです。

テレビ番組で豪邸の自宅が映ると、家の中に絵画を飾っていることがあります。家の中に絵を飾るなんて一部の富裕層がするというのは分かりつつも、もしも自分の家に絵画があったら毎日の生活が少し明るくなるかなと思ったりもします。

しかし、絵画はどこで売っているか分からないし、値段も高いため、初心者にはハードルが高いです。

そんなとき、格安で絵画を貸し出す「Casie(かしえ)」というサービスがあることを知りました。

この記事では、Casieがどんなサービスなのか、魅力や個人的な感想などを紹介します。

目次

Casieの概要

Casie(かしえ)

Casie(かしえ)は、月額固定料金で絵画の貸し出しを行うサービスです。

「ワンコインで始めるアートのある暮らし」をキャッチコピーに、誰でも安く簡単に自宅で絵画を楽しめるようになっています。

最近は「Netflix(ネットフリックス)」や「Hulu(フールー)」といった定額で映画が見放題になるサービスが流行っています。

このように、商品を購入せずに使いたいときだけ契約して利用することを「サブスクリプション」と呼びます。

Casieは絵画におけるサブスクリプションのサービスです。

絵画を購入するとなると、数万円から数十万円の値段がして高くて買えないことがあります。また、仮に買えたとしても、すぐに飽きたらどうしようとか、家の雰囲気に合わなかったらどうしようとか、不安になります。

しかし、Casieなら絵画を購入して自分のものにできない代わりに、非常に安い料金で絵画をレンタルできます。飽きたり家の雰囲気に合わなかったりすれば、別の絵画に交換することも簡単です。

Casieの魅力

Casieの魅力は安いことだけではありません。例えば、以下のような特徴があります。

  • 作品を自分で選べる。分からない人はプロに選んでもらうことも可能
  • 作品の数は3000点以上ある
  • 絵画は世界に一つだけの原画
  • 絵画が飽きたら毎月交換できる
  • 故意の場合を除き、絵画の破損や汚れによる弁済は不要
  • 返却は緩衝材を一緒に箱に詰めてポストに投函または集荷を依頼するだけ

絵画の種類は、花や植物、人物、風景など幅広く用意されているため、好みのものを見つけやすいです。

Casieの絵画のアーティスト名

もちろん、誰が描いた絵か分からないといったことはありません。作品のページには、上のようにアーティストの名前が記載されています。

残念ながら、ここではアーティストの名前しか分かりません。しかし、「アーティストの詳細な情報を調べる」のページを見ると、アーティストの経歴、人柄、想い、作品のテーマ、絵を描くようになった理由、影響を受けた人物など、詳細な情報がインタビューしてあります。

個人的には、アーティストの背景も一緒に知ることで、より絵画に興味を持てて愛着がわきます。ぜひ、アーティストの情報も一緒に調べてみてください。

Casieで部屋のイメージから絵画を探す

絵画を選ぶときは、どこに飾るかも重要です。部屋の雰囲気に合わない絵画を選んでしまえば、落ち着けなくなってせっかくの絵画が台無しです。

Casieでは、シンプルな部屋、女性らしい部屋、男性らしい部屋といったように、部屋のイメージからも絵画を探せます。

Casieの料金

Casieの料金

Casieの料金プランは以下の4種類あります。

・スタータープラン(月額500円)
最初の一ヶ月のみ、お試し価格で利用できるプランです。プロが選んだ大小2枚の絵画が届きます。解約の手数料はかからないので、合わないと思ったらすぐに止められます。
・ライトプラン(月額1980円)
小さいサイズ(0号:18cm-14cm)の絵画が届くプランです。
・レギュラープラン(月額2980円)
通常サイズ(10号:53cm-45cm)の絵画が届くプランです。
・プレミアムプラン(月額5300円)
大きいサイズ(30号:91cm-73cm)の絵画が届くプランです。

スタータープラン以外は基本的には同じで、レンタルできる絵画のサイズが異なります。

なお、価格は変わる可能性があります。最新の詳細な情報は公式ホームページを必ずご確認ください。

Casieの楽しみ方

自宅

Casieで自宅に飾る絵画をレンタルする

自宅の玄関、リビング、ベッドルームなどに絵画を飾れば、毎日の生活が少し明るくなるでしょう。

玄関に置けば仕事や学校に出かけたり帰ってきたりするときに目につき、リビングに置けばふとしたときに目に入ります。

絵画を見ることで新しい発想を思いついたり、子供の教育にとっても良い影響があるかもしれません。

また、自宅にママ友を呼ぶなど、友人や知人が頻繁に出入りする場合には、気持ちよく過ごしてもらうための「おもてなし」として絵画は大活躍するはずです。

オフィス

Casieでオフィスに飾る絵画をレンタルする

仕事は基本的にストレスがたまるものです。

長時間パソコン画面を凝視していたり、スケジュール通りにタスクが進まなかったり、営業で新規契約ができなかったり、上司に怒られたりと、様々なストレス要素があります。

一般的なオフィスは無機質で、パソコンや書類で散らかっていることが多いです。そんな空間で仕事をずっとしていれば、ストレスが溜まって能率が下がるのも当たり前です。

そのため、最近の会社のオフィスには、観葉植物を置くなどして職場に癒しを与えるところが増えています。同じように、オフィスに絵画があれば、ちょっとした息抜きやアイデアに煮詰まったときなどに役立つかもしれません。

お店

Casieでお店に飾る絵画をレンタルする

飲食店など汚れやすい場所は厳しいと思いますが、場合によっては自分が運営する商業スペースに絵画を飾っても良いでしょう。

例えば、最近は東京オリンピックやインバウンド観光客の増加によって、民泊を利用する人が増えています。民泊で貸し出す部屋のベッドルームに絵画を飾ったり、玄関や共用スペースに飾ったりという使い方が考えられます。

また、自宅で勉強を教えたり、料理教室を開いたり、ヨガのレッスンをしている場合など、自宅に生徒を招いて仕事をするときは、絵画があると喜ばれるでしょう。

なお、ここで紹介した事例は個人的な考えです。どこでCasieの絵画を利用できるかは公式ホームページでご確認ください。場合によっては利用できない可能性もあります。

目次
閉じる