最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

実際に行ったからこそ分かる関東バラの名所ランキング

実際に行ったからこそ分かる関東バラの名所ランキング

花の中でも一際人気を誇るバラですが、関東地方の各都道府県には様々なバラの名所があります。それぞれ異なった良さがあるため、できれば全ての名所を訪れたいところですが、限られた休暇の中でそれは難しいこともあります。そこで、私が実際に関東地方にある様々なバラの名所に行ってみて、順位付けをしてみました。

バラの名所をランキングするにあたり、以下の4つの観点で点数をつけました。

・バラの美しさ
バラの咲き具合、本数、種類の数だけではなく、バラの配置や見せ方まで含めてバラの美しさを評価しています。

・バラ以外の見所
バラ以外にも園内や園外に見所の観光スポットがあるかどうか、またカフェやレストランなど周辺施設の便利さを評価しています。

・混雑具合
単純に人の絶対数ではなく、敷地面積を加味した感覚的な混み具合を評価しています。なお、正しく比較できるように、全てのスポットには見頃時期の平日昼間に訪問しています。

・総合評価
上記3つの観点を基に、総合的な評価を行っています。

評価は1点〜10点までの10段階評価で、10に近づくほど満足度が高いことを意味します。基本的には総合評価を見てほしいのですが、「バラはそこそこ綺麗なら良いので、なるべく空いているところが良い」といったように、個人の価値観に合わせて個別の評価もチェックしてほしいです。

第5位 旧古河庭園

IMG_2215

東京都北区にある庭園です。バラの咲いている洋館として非常に有名な観光スポットですが、大きな日本庭園が併設されており、和洋両方の美しさに触れることができる珍しい場所です。都内のバラの名所としては、神代植物公園と並んで上位にランクインされていることの多い人気スポットです。

バラの美しさ

見頃の時期に行けば一つ一つのバラは鮮やかに咲いているのですが、他の名所と比較すると本数が大きく劣るため、そこがマイナスです。バラだけに関して言えば、10分もあれば鑑賞できてしまう規模です。

バラ以外の見所

バラ以外の一番の魅力は、やはり洋館です。綺麗に整備された立派な洋館は一見の価値があります。また、旧古川庭園には、バラの咲いている洋館と洋風庭園の他に、日本庭園が併設されています。新緑の季節には、光り輝く緑の中で日本庭園を散歩すると気分がリフレッシュできます。洋館前の人混みに疲れたら、心字池や灯篭などを眺めながら一休みしてみてください。

混雑具合

バラフェスティバルの開催期間中には、平日であっても大変混雑します。都内なのでアクセスが良いことに加え、バラの咲いている洋風庭園の敷地面積が非常に狭いため、バラの周りには人だらけになります。洋館とバラを一緒に撮影したい人が多いと思うのですが、どうしても他人が映ってしまうため、中々難しいです。

総合評価

洋館を見られるスポットは少なく、その意味では貴重な観光スポットと言えます。しかし、何といってもバラの本数が少ないことが他の名所に負けています。規模が小さい分、それだけ混雑具合も悪化してしまいます。今回は第5位に選んでしまいましたが、東京都内でバラを見られるスポットは少ないので、都内在住の人であればおすすめします。

第4位 谷津バラ園

IMG_2099

千葉県習志野市にあるバラ園です。一般的な植物公園や庭園と違ってバラだけを専門に扱っているため、バラの美しさは群を抜いています。千葉県内でバラを見る場合には、京成バラ園か谷津バラ園のどちらかがおすすめです。

バラの美しさ

比較的狭い敷地の中に、関東では最大級の7500株のバラが咲き誇ります。1時間もあれば全体を見て回れるくらいの敷地なので、バラの密度が高く、それが美しさを際立たせています。巨大なバラのトンネルやアーチなど、バラを使ったオブジェがあったり、「日本の皇室コーナー」や「香りの庭コーナー」など、飽きさせない工夫が沢山あります。

バラ以外の見所

バラ以外にはあまりすることはありません。近くに「プロ野球発祥の地」の石碑があるのと、谷津バラ園に徒歩で行く途中には小さな商店街があります。

混雑具合

バラが見頃を迎えた平日に行きましたが、非常に空いていました。これだけ沢山のバラを混雑を気にせずに見られるのは嬉しいです。

総合評価

関東最大級のバラ園を比較的空いている環境で見られる点は非常に高評価です。都内在住の人であっても、わざわざ電車を乗って行く価値は十分あります。ただし、敷地面積が狭く、全体を見るのにあまり時間がかからないため、何となく満足感に欠けた気分になってしまいます。さらっと歩いてバラを鑑賞するのではなく、自分の気になったコーナーは何度も訪れたり、ベンチに座ってバラ園を眺めたりすると、よりバラ園を満喫できると思います。

第3位 神代植物公園

IMG_2471

東京都調布市にある植物公園です。園内には約4800種類10万本の植物が植えられており、1日では全てを見ることができないほどの広さです。都内にあるバラの名所としては、旧古河庭園と並んで大人気となっています。

バラの美しさ

巨大な噴水のある西洋風庭園の周りに5200株のバラが咲いています。東京都内では最大規模の本数であり、視界の先に一面バラが咲いている様子は圧巻です。バラのアーチなど、バラを使ったオブジェも幾つかあり、園内客を楽しませる見せ方をしているところもポイントが高いです。

バラ以外の見所

まず、神代植物公園にはバラ以外にも様々な植物が植えられており、バラ以外にも見るところは沢山あります。特に、バラ園の隣にある「大温室」では、食虫植物など普段見る機会が少ない植物を数多く見られるため、個人的にはバラ園と匹敵するくらい面白く感じました。さらに、神代植物公園の近くには深大寺があり、深大寺で参拝したり、参道で名物グルメのそばを食べたりできるので、1日中楽しむことができます。

混雑具合

都内でこれだけの規模のバラを見られるスポットはないため、平日であっても大混雑します。団体客も多く、バラの前で長時間集合写真を撮っている団体などもいるため、静かな環境でバラを鑑賞することはできません。バラ園の両脇には大量のベンチが設置されていましたが、私が行った時には8割くらい埋まっているほど混んでいました。

総合評価

バラだけであれば、谷津バラ園でも同規模のバラを鑑賞できますし、混雑具合は谷津バラ園の方がずっといいです。それでも神代植物公園を第3位に選んだ理由は、バラ以外の見所が沢山あるからです。特に、神代植物公園から徒歩5分ほどで行ける深大寺観光は、それだけを単体で考えても非常に魅力的です。美しいバラとその周辺観光が同時に楽しめることを考えれば、東京都で一番おすすめするバラの名所です。

第2位 茨城県フラワーパーク

IMG_2379

茨城県石岡市にある花の公園です。広大な敷地の中には1年を通して鮮やかな花が大量に咲いており、花が好きな人にはとてもおすすめの観光スポットです。

バラの美しさ

見頃の時期になると、国内でも最大規模の3万株のバラが咲きます。これは、千葉県の京成バラ園の約3倍、東京都の神代植物公園の約6倍であり、見渡す限り無数に咲いたバラにはとても感動します。園内は綺麗に整備されており、見せ方も上手いです。

バラ以外の見所

巨大な温室が幾つかあって、バラ以外の花を観賞できます。また、園内は非常に広く、ハイキングコースから子供が遊べるアスレチックまであるため、幅広い年代の人に楽しめるようになっています。個人的には、展望台から鮮明に見える筑波山がおすすめです。レストランやカフェ、お土産ショップなどもあり、バラを見終わったら一休みすることもできます。ただし、茨城県フラワーパークから出てしまうと、周囲は田んぼばかりで何もありません。

混雑具合

バスの本数が少なく、交通アクセスがあまり良くないため、満開の時期であっても非常に空いています。これだけのバラであれば大混雑してもおかしくはないのに、まだあまり知られていないのか穴場スポットになっています。写真を撮るときにもあまり人を気にせずに撮影できるため、写真が趣味の人にもおすすめです。

総合評価

国内最大級のバラは非常に見応えがあります。しかも、規模に任せて無造作に植えているのではなく、見せ方も工夫されていると思います。最寄駅からバスで30分近くかかるところがマイナスですが、それ以外に不満はありません。

第1位 京成バラ園

IMG_1973

千葉県の八千代市にあるバラの公園です。ローズフェスティバルの開催中には、1600品種1万株を超えるバラが咲き、新作のバラの品評会やコンサート、トークショーなどで盛り上がります。

バラの美しさ

文句なしのバラの美しさです。入り口を抜けて最初にバラ園を眺めたときの感動は忘れられません。大抵のバラ園は腰の高さにしかバラが咲いていませんが、京成バラ園の場合はバラが目線の高さまであるため、バラに囲まれながら鑑賞することができます。色とりどりの1万株のバラが咲いている様子は、ため息の出るほど美しいです。

バラ以外の見所

バラ以外にはあまり見るところはなく、新緑が綺麗な自然風庭園があるくらいです。ただし、カフェやレストラン、パン屋が併設されていて、食事に関しては評価が高いです。また、巨大なバラのショップがあるので、実際にバラを購入することができます。

混雑具合

残念ながら非常に混雑しています。日本人の他に外国人観光客も多数訪れているため、平日であっても混雑します。とは言っても、大行列になって進めないという程ではなく、私が行った時にはあまり不快には感じませんでした。混雑具合が気になる人は、当サイトに掲載している写真をチェックしてみてください。

総合評価

堂々の1位にランクインしたのは千葉県の京成バラ園です。バラの本数も凄いのですが、世界バラ会議で「優秀庭園賞」を受賞した庭園の見せ方が素晴らしいです。見上げる高さ、目線と同じ高さ、足元といったように、大輪から小輪まで様々なバラが上下立体的に咲いています。茨城県フラワーパークと同様に「恋人の聖地」に選出されていることもあり、デートで来ても盛り上がること間違いなしです。人気スポットなので満開の時期には混雑を我慢する必要がありますが、関東地方で最高のバラを眺めたい場合には京成バラ園が最もおすすめです。

関連する記事はこちら

春の季節に行って感動した関東の花の絶景スポット19選

東京都に住んでいるなら絶対に訪れたい都内のあじさいの名所ランキング

秋の季節に美しい花を見られる観光地、私が行った関東の花の名所一覧

暑さも忘れる感動、この夏に行った関東の花の名所を紹介

春の季節に行って感動した関東の花の絶景スポット19選