最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

秋の季節に美しい花を見られる観光地、私が行った関東の花の名所一覧

秋の花の名所一覧タイトル

春、夏の季節が過ぎると、「花を見られるのはまた来年かな」なんて考える人はいるでしょうか?いいえ、そんなことはありません。実は、寒さが増してくる秋の季節にも、まだまだ綺麗な花は咲くのです。夏休みが終わって紅葉が始まる11月末までに、どこにも出かけずに美しい花を見ないで終わってしまうのはもったいないことです。今回は、私が9月~11月に行った関東地方の花の名所について紹介していきます。個々の観光地について概要や感想を記載していますので、デートや写真を撮りに行く際の参考にしてみてください。また、詳しい内容を知りたい場合には、個別記事へのリンクをクリックしてください。

巾着田の曼珠沙華まつり【埼玉県・日高市】

見頃時期:9月中旬~10月上旬

巾着田の曼珠沙華まつり

埼玉県日高市にある曼珠沙華公園の敷地内を約500万本の曼珠沙華(彼岸花)が埋め尽くします。見渡す限り一面が赤色で覆われている様子は、まるで別世界へ来てしまったかのように不思議な感覚にさせてくれます。全国的にも有名な彼岸花の名所となっており、見頃の時期になると大型バスを使って多くの観光客が訪れます。会場の広場では、地元である日高市のグルメを販売する屋台が出店し、ステージ上では無料で鑑賞できるショーが開催されます。個人的には、以下に説明する権現堂堤の曼珠沙華よりもこちらの方が好きです。

日本最大500万本の彼岸花、一面赤の世界が広がる巾着田の曼珠沙華まつり

権現堂公園の曼珠沙華まつり【埼玉県・幸手市】

見頃時期:9月中旬~10月上旬

権現堂公園の曼珠沙華まつり

埼玉県の権現堂堤(ごんげんどうつつみ)と呼ばれる土手に約300万本の曼珠沙華が咲きます。上述した巾着田の曼珠沙華まつりの場合は入場料が300円かかりますが、こちらは無料です。また、混雑具合に関しても、権現堂堤の方が空いているように感じました。片道約1キロの土手を曼珠沙華の美しさに酔いしれながら散歩できるなんて、きっと素敵な休日になることでしょう。曼珠沙華は開花時期が短く、ピークを過ぎると枯れてしまって綺麗に見られないので、行くタイミングには気をつけてください。

土手を覆い尽くす無数の彼岸花、権現堂堤の曼珠沙華を見に行きました

森林公園みのりフェスタ【埼玉県・滑川町】

見頃時期:9月中旬~10月下旬

森林公園みのりフェスタ

四季を通じて様々な植物を観察できる埼玉県の森林公園。秋の時期には、夏には緑色だった約6000株のコキアが紅葉し、真っ赤に色づきます。また、同時に赤ソバの花が見頃を迎え、小ぶりで可愛らしい花を咲かせます。コキアの紅葉と言えば、茨城県のひたち海浜公園が全国的に一番有名です。私は両方とも行きましたが、確かにひたち海浜公園の方がずっと美しいです。しかし、そこまで遠くて行けないという人は、森林公園でも綺麗なコキアが楽しめます。園内は非常に広く、他にも多くの植物が植えられており、子供が遊べるアスレチックや広場などが充実していることも魅力の一つです。

コキアの紅葉と赤ソバが見頃、森林公園のみのりフェスタに行きました

ひたち海浜公園のコキアカーニバル【茨城県・ひたちなか市】

見頃時期:9月中旬~10月下旬

ひたち海浜公園のコキアカーニバル

コキアの名所と言えば、全国的にも茨城県のひたち海浜公園が有名です。3万2千本という驚異的な数のコキアが真っ赤に色づき、テレビや雑誌でも度々紹介される大人気スポットです。しかも、ひたち海浜公園が凄いのは、コキアが美しいことだけではありません。同時に見頃を迎えるコスモスやソバの花、秋バラという全てが素晴らしいのです。秋に訪れた数多くの花の観光地の中で、最も感動したのはひたち海浜公園でした。関東地方に住んでいれば日帰りでも行けると思いますが、関東地方以外から来る場合には、一泊二日とかの旅行として行く価値も十分にあります。ただし、その代わりに平日であっても非常に混雑します。混雑を少しでも避けるためには、開園前に並んで午前中に見ることをおすすめします。

3万2千本の真っ赤なコキア天国、ひたち海浜公園のコキアカーニバルに行きました

国営昭和記念公園のコスモスまつり【東京都・立川市】

見頃時期:9月下旬~11月上旬

国営昭和記念公園のコスモスまつり

都内在住で自然を愛する人には欠かすことのできない国営昭和記念公園。秋にはキバナコスモスやイエローキャンパスなど約550万本のコスモスが咲きます。また、花の丘と呼ばれるエリアでは、ピンク色のドワーフセンセーションという品種のコスモスが丘を覆い尽くします。ただし、それぞれの品種ごとに開花時期が多少異なるため、一度の訪問で全てが満開になる様子を見ることは難しいと思います。何回か行けないという人は、自分が見たい品種が見頃の時期を狙って行ってみてください。ちなみに、コスモスだけで比較するならば、埼玉県の吹上コスモスフェスティバルが最も感動しました。

都内最大550万本のコスモスが美しい昭和記念公園のコスモスまつりに行きました

旧古河庭園の秋のバラフェスティバル【東京都・北区】

見頃時期:10月上旬~10月下旬

旧古河庭園の秋のバラフェスティバル

バラの花は春と秋に年間で2回咲きます。都内にある旧古河庭園は、洋館とバラが同時に見られることで、絶好のカメラスポットとして人気を集めています。秋バラは春よりも鮮やかさに欠けるとはいえ、それでも約100種類の色とりどりの秋バラは、見るものを魅了します。ただし、バラの本数自体は千葉県の京成バラ園と比較しても、決して多くはありません。旧古河庭園の魅力は、都内では数少ない貴重な洋館を見られることです。イベントの期間中は非常に混雑しますので、なるべく平日の午前中か夕方頃に訪問することをおすすめします。

100種類の秋バラが咲く旧古河庭園の秋のバラフェスティバルに行きました

京成バラ園のオータムフェア【千葉県・八千代市】

見頃時期:10月上旬~11月上旬

京成バラ園のオータムフェア

秋の花では、コスモスの次にバラが好きです。日本でも最大規模のバラ園である千葉県の京成バラ園では、秋になると約1000種類、7000株のバラが咲き誇ります。春のバラに比べれば少しだけボリュームは小さくなりますが、それでも圧巻の美しさは健在です。彼岸花やコスモスとは違って、赤色や黄色、ピンク色や白色など、カラフルな花びらが魅力的です。関東地方で秋バラを見に行くのであれば、京成バラ園が一番おすすめです。とても美しい庭園なので休日は観光客で混みますが、平日の午前中に行けば混雑は避けられます。都内からも近く、最寄駅からは徒歩で行ったとしても15分くらいなので、交通アクセスもそこまで悪くはありません。東京都には旧古河庭園と神代植物公園くらいしかバラの名所がありませんし、京成バラ園にはそことは比較にならないほど多くのバラが咲いています。そのため、都内からわざわざ行くのも正解だと思います。

京成バラ園のオータムフェアで関東最大級の秋バラを見に行きました

よしみコスモスまつり【埼玉県・吉見町】

見頃時期:10月中旬~10月下旬

よしみコスモスまつり

秋に咲く花の代名詞と言えば、コスモスではないでしょうか?淡いピンク色や黄色のコスモスは、普段は花に興味がない人でも目をとめてしまう美しさがあります。埼玉県の吉見町で開催されるコスモスまつりでは、約750万本のコスモスが咲き誇ります。本当に終わりが見えないほどはるか遠くまで埋め尽くすコスモスには、男性や女性も関係なしに感動すること間違いなしです。コスモスまつり自体は数日しか開催していませんが、花の見頃はもう少し長く続きます。コスモスまつりが開催される前後の空いている時期がおすすめです。

終わりの見えない750万本のコスモス、よしみコスモスまつりに行きました

吹上コスモスフェスティバル【埼玉県・鴻巣市】

見頃時期:10月中旬~10月下旬

吹上コスモスフェスティバル

埼玉県鴻巣市にある荒川河川敷には、関東地方では最大規模となる約1000万本のコスモスが咲きます。バスを降りて土手の上からコスモス畑を眺めてみると、思わずため息が出てしまうほど圧巻の絶景が広がっています。土手を降りてコスモス畑に足を踏み入れてみれば、ピンク色だけではなく、白や黄色の品種がグラデーションになって咲いています。上述したよしみコスモスまつりとは会場が非常に近く、できれば両方行ってほしいです。どちらか一方しか行けないのであれば、やはり規模が大きくてピンク色以外のコスモスも見られる吹上コスモスフェスティバルの方がおすすめです。

関東最大1000万本のコスモスが咲く名所、吹上コスモスフェスティバルに行きました

あけぼの山農業公園のコスモス【千葉県・柏市】

見頃時期:10月中旬~10月下旬

あけぼの山農業公園のコスモス

千葉県でコスモスを見るならあけぼの山農業公園がおすすめです。四角形の土地に約100万本のコスモスが敷き詰められ、公園のシンボルになっている巨大な風車が単調になりがちな花畑にスパイスを与えてくれます。すぐ隣には、オンレジ色のキバナコスモスも一面に咲いています。同じ千葉県には「佐倉コスモスフェスタ」でもコスモスを見られますが、そちらは本数が50万本なのであけぼの山農業公園の方が規模は大きいです。残念ながら、自家用車がない場合には交通アクセスは不便です。都心に住んでいる人であれば、あけぼの山農業公園の他に、上述した埼玉県の吉見町や鴻巣市にあるコスモス畑、そして東京都の国営昭和記念公園が同じくらいの距離にあると思います。個人的な感想としては、鴻巣市のコスモス畑が最も美しいと感じたので、どこに行こうか迷ったときには参考にしてみてください。

100万本のコスモスと風車の共演が最高、あけぼの山農業公園に行ってきました

谷津バラ園の秋バラ【千葉県・習志野市】

見頃時期:10月中旬~11月上旬

谷津バラ園の秋バラ

京成バラ園と同じく千葉県にあるバラに特化した公園です。秋の季節には、約700品種、7500株のバラが咲きます。京成バラ園と比較すると面積は小さく、人混みも少ないです。そのため、静かにゆっくりとバラを鑑賞したい場合には谷津バラ園がおすすめです。京成バラ園と谷津バラ園のどちらか一方にしか行かないのであれば、個人的な評価では京成バラ園に軍配が上がります。ただし、どちらも電車で30分くらいの距離なので、私のように一日で両方へ行ってみるのも良いと思います。最寄駅からは徒歩で約10分なので、交通アクセスはかなり便利です。

見頃を迎えた花の名所、千葉県の谷津バラ園に秋バラを見に行きました

関連する記事はこちら

東京近郊のおすすめスポット、私が撮った写真つきで紅葉の名所ランキング

暑さも忘れる感動、この夏に行った関東の花の名所を紹介

春の季節に行って感動した関東の花の絶景スポット19選

実際に行ったからこそ分かる関東バラの名所ランキング

東京都に住んでいるなら絶対に訪れたい都内のあじさいの名所ランキング