最新記事
特集記事
東京観光
ふるさと納税

絶品そばや鬼太郎茶屋など魅力満載の深大寺へ観光してきました

IMG_2616

だるま市や蕎麦で有名な東京都調布市の深大寺。自然豊かな環境の中で参拝をした後は、絶品蕎麦を食べて空腹を満たすことができます。今回は、神代植物公園のバラフェスタに行った後に深大寺観光をしてきました。

深大寺とは

深大寺とは、東京都調布市にある天台宗のお寺です。東京都では浅草の浅草寺に次いで古いお寺で、歴史と豊かな自然を兼ね備える境内はパワースポットとしても人気です。また、深大寺を開いた「満功上人(まんくうしょうにん)」の父親に恋の物語があることから、縁結びのご利益があると言われています。

毎年3月3日と4日にはだるま市が開催され、静岡県の毘沙門天だるま市、群馬県の高崎だるま市と並び、「日本三大だるま市」に数えられています。境内にはだるま店を中心に300ほどの店が立ち並び、全国から多くの参拝者が訪れます。

また、深大寺周辺には20店舗ほどの蕎麦屋が密集しており、「深大寺蕎麦」として人気を集めています。10万本の植物を展示している「神代植物公園」とも隣接しており、深大寺で参拝した後には、蕎麦屋でランチをしたり、神代植物公園で花を観賞することができます。

深大寺への交通アクセス
「調布」駅または「つつじヶ丘」駅からバスで15分です。「深大寺」行きのバスに乗車して終点の「深大寺」バス停で降りると一番近く、徒歩1分で深大寺に到着します。他には、「吉祥寺」行きや「三鷹」行きのバスに乗車して「深大寺入口」バス停で下車し、徒歩で8分です。神代植物公園から行く場合には、深大寺門を出て、徒歩5分ほどで到着します。

深大寺境内の様子

今回は、平日に神代植物公園へ行った後の14時頃に深大寺へ行きました。

山門

IMG_2633

参道から本堂へ向かうときの入り口となる山門です。境内のほとんどの建物は幕末の火災で一度消失していますが、ここは火災をまぬがれた数少ないスポットとして、江戸時代の建築がそのまま残っています。茅葺きの屋根に歴史を感じられます。

本堂

IMG_2616

本尊の阿弥陀如来像を安置しているところです。私が行った時には数名の人が参拝をしていました。

IMG_2605

本堂の両脇に設置されている「天水華座(てんすいけざ)」です。天からの恵みである雨水を貯める役割があります。

五大尊池

IMG_2613

本堂の隣にある五大尊池。水が流れ落ちて、やや青色の池を作っています。

元三大師堂

IMG_2609

元三大師(がんざんだいし)を安置している建物です。元三大師は天台宗の僧侶で、「厄除け大師」や「おみくじの創始者」として有名です。

深沙大王堂

IMG_2621

仏教の守護神の一人である深沙大王(じんじゃだいおう)を祀っているところです。深大寺を開いた満功上人の父親は、深沙大王に助けられて恋が成就したと言われています。

深大寺周辺の様子

深大寺周辺には数多くの蕎麦屋やカフェなどが立ち並びます。お土産も沢山売っているので、気ままに歩きながら、ふらっと店に入ってみるのも楽しいです。

多聞(たもん)

食べログで調布のそばを検索すると現在2位にランキングされている人気店です。平日14時を過ぎての訪問でしたが、運よく1席だけ空いていました。

IMG_2625

私が注文したのは、「深大寺そば(600円)」の「中盛り(200円)」です。

IMG_2624

多聞は蕎麦の量が多いことが有名です。中盛りでも、一般的な蕎麦屋で並盛を食べるよりも2倍以上あります。見た目は白っぽく、やや歯ごたえのある蕎麦です。つゆは少し濃い目ですが、私にはちょうど良かったです。

旅行先などで蕎麦を食べるといつも量が少なくて物足りない気持ちになってしまいますが、初めて満腹になるまで蕎麦を食べることができました。もっと大食いの人は「大盛り(350円)」もありますので挑戦してみてください。

鬼太郎茶屋

日本の漫画「ゲゲゲの鬼太郎」をテーマにしたショップ&カフェです。調布市は水木しげる氏の第二の故郷でもあり、深大寺周辺は朝ドラ「ゲゲゲの女房」のロケ地でもあります。

IMG_2618

店の前には鬼太郎とねずみ男の人形が立っています。店の入り口はショップになっており、鬼太郎にちなんだお土産が沢山売られています。そこから奥に行くとカフェが併設されていて、店内で食事をすることができます。ちなみに、店外でも「じゃころっけ」や「目玉のおやじまん」などを食べ歩きすることができます。

IMG_2634

私がカフェで注文したのは、「目玉おやじのクリームぜんざい(700円)」です。カフェ内は比較的空いており、2割くらいの入店でした。注文は前払い制で、先にカウンターで料理を注文すると、鬼太郎のキャラクターが描かれた札を渡されます。そして、料理ができると「目玉おやじのお客様~」と呼ばれます。料理は3分ほどで到着しました。白玉と栗とクリームの入ったぜんざいに、目玉餅と塩昆布が付いています。

IMG_2636

早速、目玉おやじをお風呂に入れてあげます。白玉はモチモチで、つぶあんが沢山入ったぜんざいも非常に美味しいです。目玉餅は弾力があって、これもまた美味です。店内にはセルフサービスのお茶が用意されており、とても美味しいので絶対に飲みましょう。値段は観光地価格ですが、涼しくて可愛い店内に癒されてください。

感想

今回は、東京都の深大寺とその周辺を観光してきました。深大寺で参拝した後には、多聞で美味しい深大寺蕎麦を食べたり、鬼太郎茶屋でクリームぜんざいを食べたりしてきました。他にも沢山の店が並んでいるので、それらを眺めながら歩いているだけでも楽しい気分になってきます。平日でしたが多くの人が観光に来ており、人気のスポットであることが分かります。是非、神代植物公園とセットで行ってみてください。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。